HOME > ハイドロテクト

ハイドロテクト

ハイドロテクトとは


ハイドロテクトは、光触媒を利用し光や水の力で地球も暮らしもきれいにするTOTOの環境浄化技術であり、技術ブランドです。 ハイドロテクトの膜を建材や建物などの材料表面に形成すると「空気浄化」「セルフクリーニング」など暮らしや地球環境に役立つ効果を発揮します。TOTOは、この技術を「塗料(ハイドロテクトコート)」や「タイル(ハイドロテクトタイル)」など自社製品に応用するだけでなく、国内外の幅広いメーカーと協業することでさまざまな材料に展開し、地球や暮らしに貢献しています。

当社は『ハイドロテクト』認定施工店です。

防汚効果 自然の力でキレイになる
光触媒作用により生み出される「分解力(太陽光<紫外線>が汚れを分解)」と「親水性(雨が汚れを洗い流す)」によるセルフクリーニング(防汚)効果で長期間キレイな外観を保ちます。

※汚れが発生した場合でも簡単に洗い流すことが出来ます。

 <セルフクリーニング(防汚)効果のメカニズム>

外壁の汚れの原因は、大気中の汚染物質(排気ガス、工場の排煙等)により発生する油分を含んだペタペタした付着汚れと、油分を含まないちりやホコリとに大別されます。
ハイドロテクトコートは光触媒作用によって外壁表面に付着した汚れを分解し、雨で洗い流します。


ハイドロテクトの基本は光触媒[酸化チタン]のはたらきによるものです。
植物が日光を浴びて光合成をする(二酸化炭素と水を使って酸素と有機物をつくる)ように、ハイドロテクトの光触媒(酸化チタン)層に光が当たると「分解力」と「親水性」を発生させます。それらは「空気浄化」「セルフクリーニング」など環境に役立つさまざまな効果を生み出します。


空気浄化のメカニズム
ハイドロテクトは、自動車や工場などの排気ガスや排煙に含まれる窒素酸化物(NOx)を、建物の外壁表面で除去し、空気を浄化します。
●一戸建ての場合

【出典及び算出根拠】
※ JIS R 1701-1に準拠して評価した試験値を当社にて緑地のNO2吸収量、自動車のNOx排出量に換算
1)日本建築学会 住宅用標準問題「戸建住宅モデル」より、一戸あたりの外壁表面積を算出
2)(独)環境再生保全機構「大気浄化植樹マニュアル(改訂版)」より、緑地(芝など含む草地)のNO2吸収量を4.4mg /u ・dayとして算出、
硬式テニスコートサイズ23.77m×10.97 m(約260u)で算出
3)車種:乗用車(ガソリン)、型式:DBAの排出計数(0.0125)で、自家用車の1日の平均走行距離29.0km走行した場合のNOx排出量362.2mg/dayとして算出 国交省自動車局 自動車NOx・PM法に基づく「自動車使用管理計画」及び「定期報告」に関する作成プログラムについて
参考資料「排出計数」より、車種・形式・排出係数を参照
国交省自動車交通局「H16自動車の検査・点検整備に関する基礎調査検討結果報告書」自家用車の年間平均走行距離(10,575km)より、自動車の1日の平均走行距離を算出


抗菌のメカニズム
ハイドロテクトは菌を分解・減少させることで、防汚・防臭などさまざまな効果を発揮。
汚れやニオイの発生を抑え、清潔が求められるトイレ・キッチン浴室など室内空間のお手入れも楽にします。

ハイドロテクト製品・コーティング液の特長

1.地球にも人にもやさしい
太陽や雨など自然エネルギーのみで「空気浄化」や「セルフクリーニング」などの効果を発揮するため、環境負荷やメンテナンス負荷が低い光触媒。ハイドロテクトはその実力を最大限に引き出します。

2.幅広い材料に応用できる
TOTOのハイドロテクトコーティングは、透明な膜を材料表面に形成するのでさまざまな建築材料などに使えます。

3.高品質
光触媒の特性「分解力」で基材が劣化してしまうのを防ぐ安定した塗膜構造や、光が当たらない場所でも効果を充分に発揮させる組成の工夫など、様々な用途で最適にお使い頂ける品質をお届けします。

4.安心して使える
TOTOのハイドロテクト製品は光触媒工業会が定める安全性基準※2を満たしており、安心してお使い頂けます。

※2急性経口毒性・皮膚刺激性・変異原性について光触媒工業会が定める安全性基準を満たしています

お見積りだけでも結構です!まずはお気軽にお問い合わせ下さい。TEL.077-578-9000 電話受付 8:00〜20:00 定休日:不定休「クロスの塗り替えや内・外塗装でお客さまの暮らしをより快適にします!